エコPMモータシリーズ

  • 特長
  • 仕様・特性
  • 外形寸法
  • 形式の見方

[省エネルギー] 省エネによる環境負荷(CO2)低減,コスト低減に大きく貢献

標準の小容量三相誘導モータをPMモータ化すれば大きな環境負荷低減になります。11kW以下総モータ損失電力を30%[70万kW/年]も削減します。これは、142万トン-CO2 (10h/日 運転時)の排出量に相当します。

高効率

モータ効率(ESR1/1750min-1の例)

IE4に迫る高効率

モータ効率

可変速でのモータ効率(ESR1/75kW/1750min-1の例)

可変速でメリット発揮

三相誘導モータとPMモータの損失電力比較

ランニングコスト低減

電力量,電力料金比較(ESR1/75kWの例)

三相誘導モータとPMモータの損失電力比較

[省スペース] 機械の小形化、省資源に貢献

機種が豊富な小形・軽量SS7シリーズにより, 機械を環境対応機械へと容易に変身させることができます。

小形

外形比較(ESR1/132kW/1750min-1の例)

SS5モータよりさらに小形

三相誘導モータとPMモータの損失電力比較

枠番号での比較(ESR1/1750min-1機種)

最大で4枠ダウン

三相誘導モータとPMモータの損失電力比較

軽量

誘導モータとの質量比較
(ESR1/37kW/1750min-1の例)

約64%ダウン

三相誘導モータとPMモータの損失電力比較

従来PMモータ(SS5)との質量比較
(ESR1/37kW/1750min-1の例)

約41%ダウン

三相誘導モータとPMモータの損失電力比較

誘導モータとの質量比較
(ESR1/132kW/1750min-1の例)

約47%ダウン

三相誘導モータとPMモータの損失電力比較

従来PMモータ(SS5)との質量比較
(ESR1/132kW/1750min-1の例)

約32%ダウン

三相誘導モータとPMモータの損失電力比較

[最適ドライブ実現] エコPMモータ SS7

安心して長期間ご使用いただけるように工夫したモータです。
機種選定や調整が簡単にできるため、立ち上げまでの期間短縮が可能です。

高信頼性

センサ(エンコーダ)

耐環境・耐ノイズに対する信頼性の高いレゾルバを、標準仕様として採用しました。

∗:オプションで、光学式エンコーダの選択が可能です。
高精度なトルク・速度制御が求められる用途(試験機,印刷機等)には,光学式エンコーダを選択してください。

センサレスによる信頼性向上

ファンカバー

お客様ご要望が多かった、ファンカバーの風導入口を細分化して安全性を向上しました(ESR1/EST2)。

騒音レベルの比較

選定・調整が簡単

機種選定が簡単

連結側軸受を「円筒ころ軸受」に統一しました。∗1
連結方式がカップリング直結でもベルト掛けでも、同一モータで対応可能(機種選定が簡単)です。∗2

センサレスによる信頼性向上

∗1:枠番号180SA(45kW 1750min-1)機種以上

∗2:枠番号250LLA以上はカップリング直結が標準仕様

回転速度調整が簡単

定出力範囲が定格回転速度の100~150%まで可
であり、機械の定格回転速度合わせが非常に簡単
です。

∗:センサ付き 2.2~75kW

騒音レベルの比較

[最適ドライブ実現] 推奨インバータ A1000

エコPMモータSS7の高効率性能とインバータの制御性能の相乗効果によって,最高の省エネ効果を発揮することはもちろんのこと,高精度・高応答によるレベルの高いドライブ性能を実現できます。

高精度 センサレスモータとの組合せで,高精度なドライブ性能を実現

エコPMモータの特性を生かしたドライブ制御機能により,特長ある機械制御システムを構築できます。

滑らかな加減速運転

センサレスにも関わらず,滑らかな加減速運転を行います。

センサレスによる信頼性向上

ゼロ速度の高トルク出力

センサレスでも,ゼロ速で200%以上の高トルクを出力します。
(注)記載の数値で示すトルクを出力するには,モータ・インバータの容量アップが必要です。

騒音レベルの比較

高応答 センサ付きモータとの組合せで,高応答なドライブ性能を実現

電流ベクトル制御により,速度指令や負荷条件の変化に対する応答性が高く,機械のさらなる性能向上に貢献します。

速度指令に対する応答特性

指令の変化に素早く追従します。

センサレスによる信頼性向上

負荷外乱に対する応答特性

インパクト負荷時の速度回復特性が高く,負荷の急変があっても安定した運転ができます。

騒音レベルの比較